アイスリボン応援サイト


 2008's DECADE Vol.51 
よしここ
 2017年5月5日、ラジアントホール 
 松本都 vs 世志琥

異色のシングル対決はこどもの日、横浜の地において行われました。

世志琥、松本都のプロレスにはつき合わないだろうなあと思っていました。ところが。
開始早々、都がいきなりのズンドコムーブですっ転ぶと・・・
世志琥の口角が、ビミョーに上がってる・・・w

都が張り手、世志琥も返す。そしてメンチの切り合い。
リング下では世志琥のセコンドを務める南月たいようが嬉しそうに写真を撮っているw
都の強制ヤーは強制ヤー史上最高に力の入った攻防。

この試合で驚いたのは世志琥のプロレス頭の柔らかさ。そして都の受けの強さでした。
世志琥のフォールを何度もクリアしていった都。ブレーンバスター、顔面へのソバット、セントーン・・・

都はマンマミーアZで勝負を懸けるべくコーナーに立つも、世志琥は両足を高く上げて迎撃準備完了。
場内、嫌がらせのような都コールw
当然のごとく剣山に刺さった都は、それでもミヤコザードやみやここクラッチで反撃していきます。
フィニッシュは世志琥のダイビングセントーン。
素晴らしかったのは、世志琥がコーナー上で「ヤー!」をやってからの一撃だったこと。なので決まり手は「マンマよしこ」なのだ!

二コプロの大会中継でベストバウトに選出されたのも納得の名勝負でした!




[BACK]