アイスリボン応援サイト


 2008's DECADE Vol.58 
ダイビングボディープレス
 2015年8月30日、後楽園ホール 
 星ハム子&宮城もち&真琴 vs 235&弓李&優華

星ハム子最大の得意技といえばこれでしょう。

初めてこの技でフォールを奪ったのは、2008年8月23日の新木場大会。藤本つかさ&しもうま和美と組み、さくらえみ&真琴&聖菜組と対戦、真琴から取っています。

では、ここで問題です。

Q:今まで星ハム子がダイビングボディープレスで勝利した試合は何試合あるでしょう?


A:167試合!!
(2018年9月18日現在。「ガトーアイスDB」に登録されている試合のみ)

もの凄い数字です。

内訳を見ると、ICE戦で勝利したのが3試合。リボンタッグ戦は意外や1試合のみでした。メタボリックサンドが4試合という数字が示すように、フィニッシュは宮城もちに任せるケースが多いんですね。

同じように藤本つかさ最大の得意技で検索してみたところ、151件でした。ビーナスシュートより多い!


ダイナミックにして華麗なフォームといい、衝撃が容易に伝わる重い音といい、本当に必殺技と呼ぶに相応しい技。
いい技です!




[BACK]