アイスリボン応援サイト



我闘姑娘シーズン1 「伝えたい 愛と勇気と根性をVol.1」
第1話 旗揚げ
 
 さくらえみ。
 元川恵美が団体を旗揚げするなんて、一体誰が思っただろう。
 誰一人、想像する人すらいなかったはずだ。
 しかし、さくらは一見無謀に思える夢に向かい、こつこつと行動を起こしていた。

 旗揚げまでは色々な団体の第0試合として、我闘姑娘の試合を入れてもらっていたりしたものだ。
 初めて見たのは、川越で行われたみちのくプロレスであったか。
 会場の入り口でチラシをもらう。いわば、gtkn.comの前身のそれを配っていたのは、戸村真美
 だったような気がする。
 さくら対零の試合で、セコンドにいた女の子。
 とにかく元気で、声を出しっぱなし。何より、プロレスを見る、そのこと自体が楽しくってしょうが
 ないという雰囲気。

 「誰なんだろう、あの子?」

 気になってしようがない。
 さくらの試合から目を逸らすなんて異例中の異例だよ・・・
 そう思いながら、シャッターを押した。
 市井舞という名前を知ったのは、それからいくばくかの時間が経ってからだった。


 
   




 新木場は、超のつく満員。
 東の席に座る。普段とは違い最前列。特別の日だから。
 
 
 
 歌Σ( ̄口 ̄;)
 
 


 クラシック歌手のようだが、この人は一体誰なのだろう・・・
 というか、我闘姑娘との関係って一体・・・
 

 入場式、さくらの挨拶は、早くも涙声。

 

 うん、無理もないよなあ。
 だが、涙の理由は、こちらが思っていたものとは全く異なるものだった。
 
 
 「本日デビュー予定の戸村真美よりトーナメントを棄権したいとの申し入れがあり、そして、
 蒲原唯ですが、つい1時間前まで元気に動いていたのですが、最後の調整で片足を骨折、
 片足を捻挫してしまい・・・」


 なんてことだ・・・
 
 嵐の旗揚げ。
 だが、もう一つの嵐が吹き上げる事に、まだ誰も気づいてはいないのであった。
 
 
            (つづく)



[BACK]