アイスリボン応援サイト



我闘姑娘シーズン1 「伝えたい 愛と勇気と根性をVol.1」
第2話 その名はりーちゃん

 今日の目玉は、トーナメント。
 AブロックBブロックに分かれて闘い、勝ち上がった者はメインに出場することができる。
 Aブロックの勝者と組むのは、井上京子。もちろん、これには文句はない。メイン出場
 に加え、更なるプレミアムなご褒美。しかし・・・Bブロックの勝者が組むのが桜花由美
 というのを、どう解釈すればよいであろうか?我闘姑娘とはつゆほども絡んでいない筈
 だし、プレミアム性に至ってはごにょごにょごにょ。

 市井舞vsなつみ知香は、コーナー際でくるりと回転してのエビ固めで市井の勝利。

      

 由藍郁美vs戸村真美は、先のとおり、戸村の棄権で由藍の不戦勝。


 衝撃は、第3試合に訪れた。
 本日デビュー戦の12歳、高橋李佳。
 さすがにやさしげな試合になるのだろうなあ・・・
 そう高を括っていたものの、試合が始まるや、実にあっさりと予想は覆された。
 
 普通の試合だ...


            

 それどころか、対戦相手のさくらは、花道で高橋を担ぎ上げ、
 「お父さん!お母さん!」などと客席にいた高橋の家族を紹介したのち、ボディスラム。
 
 何も花道に投げなくても・・・でもこれって要するに、高橋が「投げても大丈夫」な選手
 であるということなのだろう。

 高橋李佳は、紛れも無い大器だった。何より、度胸が座っている。
 
 「ババア!ババア!」
 手拍子を打ちながらさくらを挑発する。

 「ババア!ババア!」
 観客がそれに呼応する。

 デビュー戦で観客を乗せること自体が大変な事であるのに、それを12歳の子がこなし
 ている。もうびっくりだ。
 
 さらにさらに。
 さくらを場外に落とした高橋は、エプロンに立った。

 なに、なにやってんの?

 ”まさか”感覚。或いは、”やるのか?”感覚。
 それはかつての東京体育館・・・三沢タイガーがパートナーの川田に対してマスクの紐
 を解けと指示している際の、解説者のカブキさんのつぶやきの質感に非常に近い。


 高橋は、エプロンを蹴った。そして跳ねた。
 側転してからの後方宙返りで、さくらに向かい舞った。

 うぉー!!

 場内、驚きの大歓声。

 最後はシュークリームに捕らえられギブアップしたものの、結果が問題ではないのは、
 もはや明白だろう。凄い!
 

            

 さくらがマイクを取る。

 「デビューおめでとう。きょうはー、デビュー戦だったからー、
 このくらいにー、してあげたけどー、今度あたしの事『ババア』って言ったら
 こんなもんじゃ済まさないからね」

 高橋、マイクをぶん取る。

 「うっせえババア!!」

 激怒してつかみ掛かろうとし、レフェリーに止められるさくらに場内爆笑。
 

 そこでもう一度マイクをつかんだ高橋は...

 「えみさん・・・これからも、よろしくお願いします(にっこり)」

 小憎らしい表情から一変して、照れかげんに。素晴らしすぎ。
 最高だ。




  1.メイン出場決定トーナメントAブロック1回戦
    ○市井舞(12分43秒、高角度回転エビ固め)なつみ知香×

  2.メイン出場決定トーナメントAブロック1回戦
    ○由藍郁美(不戦勝)戸村真美×

  3.メイン出場決定トーナメントBブロック1回戦 高橋李佳デビュー戦      
    ○さくらえみ(8分45秒、シュークリーム)高橋李佳×






[BACK]