アイスリボン応援サイト


アイスリボン選手プロフィール


安藤あいか  (あんどう・あいか)
生年月日1986年7月9日
出身地東京都
身長160cm
デビュー2007年11月23日 市谷アイスボックス
しもうま和美戦
キャッチフレーズアイスリボン グラビア&SEXY担当
得意技ダイヤル固め、お願いクラッチ、各種グラビアポーズ 
タイトル歴

-

Twitter@andouaika

 2007年、sabra「第1回ブロガール選手権」で準グランプリ受賞。これを契機として、グラビ
 ア活動を開始する。芸能活動と並行しながらアイスリボンに入団。2007年10月、夏実りかと
 のエキシビションにてプロレスラーとしてのキャリアをスタートした。同年10月20日には11
 月のFutureStar新木場大会出場を賭けた観客査定試合として、希月あおいと対戦。36票を獲
 得するも新人4人中3位に終わり、リングデビューは果たせなかった。
 初リングは2009年1月。しもうま和美相手に、正式デビュー後初勝利を飾る。
 
 同時入団の他の3人が次々と辞めていき、安藤も2008年3月の新木場大会をもってプロレス
 卒業を発表する。リング下にさくらが花束を持って待機する中でマイクを持った安藤は、
 「私、プロレスをやりたいんです。続けたいです。一から出直します。もう一度アイスリボン
 に入団させてください!」と、大どんでん返しのプロレス続行を宣言。さくらは驚きの笑顔で
 花束を突きつけた。
 2008年には初代ICE×60王座決定トーナメントに参加。古賀祥子を降して2回戦にまで進む。
 後楽園初試合は2009年大晦日のNEO。さくらえみ&松本浩代と結成した「さんかくchu→
 で藤本つかさ&志田光&風香と試合後の歌唱権を賭けて戦った(敗戦するも、全員で歌い大
 団円に)。アイスリボン初の後楽園大会では松本都&デスワーム(♀)と組みビッグフット&
 植松寿絵組と対戦した。

 2011年5月、後楽園大会で開催された「ゴー!ゴー!ゴールデンミックスドタッグトーナメ
 ント」にエントリー。矢郷良明と超異色タッグを組み、りほ&菊タロー組、新田猫子&大石
 真翔組と戦った。
 2014年12月、後楽園大会に風間ルミに対抗するディーバとして3年半ぶりの参戦。すっかり
 ご無沙汰だったにもかかわらず暖かく迎えてくれた選手たちに、泣きそうになったという。
 2015年7月の後楽園大会では藤本つかさ32人掛けの10人目として登場。1分間を引き分ける。
 2019年8月、アイスリボン新潟大会にて4年ぶりに参戦。つくし・弓李と組んで花の2008年
 組と戦った。翌9月には横浜文体に参戦。松屋うの&黒潮"イケメン"二郎組のwithとしての
 参加であったものの、ラム会長を相手に得意のダイヤル固めを決めてみせた。

 いかなる咄嗟の状況であっても繰り出せるグラビアポーズはさすがと言うしかなく、その
 ”存在力”を「立っているだけでプロレスラー」とGENTAROに激賞されている。
 芸能では「恵比寿マスカッツ」・「復活!ミニスカポリス」のメンバーとしての活動が有名。
 特技はエアプロレスで、数々のバラエティ番組で披露。最後はキャメルクラッチでタップ
 アウトしてしまうその芸は、テレビ朝日「『ぷっ』すま」において「エアなのに負。」という
 テロップを流された。


2021/04/15 LAST UPDATE
2010/09/20 NEW


   2009/8/11
[PROFILE INDEX]    [TOP PAGE]