アイスリボン応援サイト


アイスリボン選手プロフィール



弓李  (きゅうり)
生年月日1998年5月28日
出身地埼玉県
身長・体重158cm 48kg
キャッチフレーズきゅうり畑のティンカーベル
デビュー2013年8月25日 後楽園ホール
星ハム子&ケーシー・オーウェンズ&林小雪戦
得意技腕ひしぎ十字固め、脇固め、ネックブリーカー 
タイトル歴第22代トライアングルリボン 


 アイスリボンプロレスサークル、いわゆる「プロサー」出身。
 練習生となってからは「きゅうり」の呼び名でファンにも知られるようになった。
 命名したのは志田光。きゅうりのようなひょろっとした体型から取られた。
 2012年8月、新木場大会のプロサー公開練習の中でエキシビションマッチを
 体験。正式な初エキシを10月の横浜リボンで行ったのをはじめとして数戦を
 こなしたのち、2013年8月25日の後楽園ホール大会で念願のデビュー
 練習生となって実に20ヶ月後のことであった。
 デビューを機に、「きゅうり」に漢字をあてた「弓李」をリングネームとする。
 デビュー戦のイリミネーション6人タッグマッチでは林小雪を首固めでフォール  
 し、自軍の勝利に貢献した。  
   
 お出かけプロレスで車冬次郎が試合を行う際には、妹のさくらとしてお兄ちゃん  
 に檄を飛ばす。岩槻では試合に乱入してクロスボディーを放ち、冬次郎とドラゴ  
 ンソルジャー2人をフォール。セコンドにもかかわらずなぜか勝ち名乗りを受けた。  
 2013年11月にはテレ玉「ごごたま」にて地上派初進出。プロサーを一日体験し  
 たレポーターの動きがツボに入ったらしく、咳き込みながら笑いこけてくるみに
 頭をはたかれた。
 12月の後楽園大会では同級生である優華のデビュー戦の相手を務めるも敗れ
 てしまう。試合後、差し出された手を払う姿は悔しさに溢れていた。
 この試合をもってプロレス活動を休止し、高校受験に専念する。  

 年が明けて3月12日、久しぶりにファンの前に姿を見せ、高校合格を報告。
 その3日後には早速戦線に復帰を果たした。
 6月、北沢大会にてあきば栞と初シングル。だが、弓李はここでも後輩に後塵を
 拝してしまう。雪辱を果たしたのは、9月の横浜大会。腕ひしぎ十字固めであきば
 からギブアップを奪った。これが弓李の記念すべきシングル初勝利である

 2015年、弓李はトライアングルマスターを目指すべく積極的にベルト獲りに
 動いた。3月の後楽園大会を皮切りに12月の2度の挑戦まで、計4回チャレンジ
 したものの、トライアングル絶対王者・新田猫子の牙城を崩すことはできなかった。
 2016年3月、新田猫子引退に伴うベルト返上のため行われた王座決定戦に出場する
 も、チェリーにフォールを奪われてしまう。翌月には早くも新王者に挑戦したが、
 やはりベルトを獲ることはできなかった。
 よくやく大願が成就したのは、5月の横浜文化体育館大会。チェリーをネ・コヒス
 トラルでフォールし、実に7度目の挑戦にして掴んだチャンピオンベルトであった。
 だが、ようやく手にしたベルトは7月の後楽園大会にて長崎まる子をフォールした
 清水愛に奪われてしまう。トライアングルマスターへの道は、今だに険しい。
 9月17日、ICE×∞王座に初挑戦。王者・藤本つかさが痛めた脚を徹底して攻め続け
 る展開は「もしや」と思わせるもので、予想を遥かに超える熱戦となる。間違いなく、
 その時点での弓李のベストバウトであった。

 お出かけプロレス開始前の練習大会エンディングでは常にちょこまかと動く。
 アイスリボンのやんちゃ娘は、いつ見ても微笑ましい。


2016/10/09 LAST UPDATE
2013/12/26 NEW
[PROFILE INDEX]    [TOP PAGE]