アイスリボン応援サイト


我闘姑娘選手プロフィール

なつみ知香  (なつみ・ちか)
生年月日1980年8月17日                
出身地石川県金沢市
身長・体重163cm 58kg
キャッチフレーズ殺人鬼OL、隅っこレスラー( -_-)
ニックネームなつみ、なっちゃん     
デビュー2004年8月14日 後楽園ホール
田村欣子戦
得意技変形ノーザンライトスープレックス(ナツミラクル)    
紙テープの色緑、黄色

 普段は貿易会社に勤務するOL。2004年1月4日、たまたまつけたTVで放映されていた  
 西村修対鈴木みのる戦でプロレスに出会う。次の日には専門誌を購入、翌年2月には  
 全女を初観戦、翌日にはネットでプロレス教室を検索して「さくらえび」入会と、行動の早  
 さには驚かされてしまう。普段は群を抜いた控えめな性格もいざリングにあがると豹変、  
 練習中に市井をスリーパーで絞め落としたことから「殺人鬼OL」と呼ばれるようになる。  
 2004年7月31日、川越ペペのビアガーデンでエキシビションデビュー。リングネームは  
 「ペペ宮川」。一体誰が名づけたんだ!とここは強く憤っておきたい。  
 2004年8月14日、後楽園ホールの田村戦で正式デビュー。31人掛けの一人として1分  
 間を戦い、グラウンドコブラクラッチで敗れる。我闘姑娘のリングでは旗揚げ戦と第2戦  
 に出場後、本業のステップアップとして海外留学=プロレス卒業を宣言する。引退試合  
 の相手を巡っての掲示板上での選手間のなつみ争奪戦は非常に激しいものであった。  
 そして当日、決定戦で勝ちあがった市井と最後の試合。「プロレスラーになったからには  
 一度は出したかった」というジャーマンスープレックスホールドで市井をフォールして有終  
 の美を飾り、興行終了後には観客を一人一人見送って別れを告げた。なつみの人柄が  
 にじみ出た、実にさわやかな引き際だったと思う。  



2005/12/17 wrote.
[BACK]