アイスリボン応援サイト


アイスリボン選手プロフィール



紫雷美央  (しらい・みお)
生月日1988年2月14日
身長・体重164cm 54kg
デビュー2007年3月4日 新木場1stRING  浦えりか&浦井百合&竹迫望美戦
得意技土蜘蛛、紫閃光、首四の字固め、バズソーキック
タイトル歴第5代SGPグローバルジュニアヘビー、第910代アイアンマンヘビーメタル級、
第15代ICE×60、第5代WAVE認定タッグ、第4代Fly to Everywhereワールド
 2007年3月、MAKEHENにてデビュー。2009年に妹の紫雷イオと共に退団しフリーとなる。  
 当初は天才型レスラーとして脚光を浴びた妹の影に隠れがちな存在であったが、SMASH  
 やユニオンプロレスなどの男女混合団体に参戦して卓越した話術を織り込んだスタイルに
 磨きをかけていくうちに、女子プロレスを見ない層のインディーファンにも認知されるように
 なっていく。その結果が2011年日本インディー大賞の「ニューカマー賞」受賞であった。  
 「私はデビューしてからずっとずっと妹と比べられて、プロレスが下手くそで・・・」  
 涙を流しながらの受賞スピーチは感動的であった。
 その後も数多くの団体にオファーされて着実に活動の場を広げていき、日本のフリーレス
 ラーとしてトップクラスの売れっ子となる。  

 アイスリボンに初参戦したのは2009年の9月30日。コンスタントに出場を続け、2012年  
 9月には志田光を破り第15代ICE×60王者に輝く。大晦日に成宮真希に敗れるまで2度  
 の防衛に成功した(相手は藤本つかさ、新田猫子)。
 常に辛口の憎まれ口を叩きながらも2013年7月にはおでかけプロレスに初参戦するなど、
 アイスリボンにおいても順応性の高さを大いに発揮していった。

 2014年1月22日、ニコ生にて記者会見を行う。そこで発表されたのは、ユニオンプロレス・
 OZアカデミー・WAVE・そしてアイスリボンの4団体同時所属であった。  
 所属としてのアイスリボン初戦は1月29日。藤本つかさ・松本都と組んで内藤メアリ&
 世羅りさ&渋谷シュウ組と戦い、内藤から直接の勝利を飾った。

 アイスリボンに所属してからほどなくして大の優華推しに。優華も事あるごとに「美央さん
 大好き」と公言する、相思相愛の仲となった。
 2月1日を皮切りに定期的にタッグを組み、6月の北沢大会での優華のアピールにより
 インターナショナルリボンタッグへの挑戦が決定。翌月のラジアントホール大会において
 .STAPと戦ったが、ベルト奪取はならなかった。試合後、涙を流す優華を抱きとめたシーン
 は実に印象的であった。
 9月には紫雷美央所属4団体興行、「M.I.O」が新宿FACEにて開催。成宮真希・木高イサミ
 と組み初のデスマッチにチャレンジした。
 所属後は若手との対戦も多い。新人教育係を自認しており、アイスリボンの底上げに尽力
 している。
 自身がMCを務めるレギュラー番組は常に視聴者1000人超えという、ニコプロでも屈指の
 人気を誇るコンテンツだ。


2014/12/11 LAST UPDATE
2014/3/14 NEW        

[PROFILE INDEX]    [TOP PAGE]