アイスリボン応援サイト


アイスリボン選手プロフィール




つくし  (つくし)
生月日1997年9月6日
出身地茨城県神栖市
身長・体重146cm 44kg
キャッチフレーズハルカゼ
デビュー

2010年3月14日 パーム下馬
都宮ちい戦

得意技

ドロップキック、ハルカゼ、スカイツリー、ソフトクリーム、でんでんむし、
トゥインクルスターロック、神栖 

タイトル歴

第21代&第23代&第25代&第27代&第31代&第34代&第38代インターナショ
ナルリボンタッグ、初代&第4代IW19、第913代アイアンマンヘビーメタル級、
第17代ICE×60


 2009年〜10年の年末年始に開催されたアイスリボン短期集中合宿にくるみと共に参加。
 1月4日のアイスリボン新木場大会において、くるみとその成果を披露する。
 同月16日には都宮ちいを相手にエキシビションマッチを開始。観客の投票が500票に達し
 たらデビューという条件下で試合をこなし、3月13日の大会を以て達成。翌日の「おたがい
 さまフェスタ2010」にてデビューを果たした
 
 4月29日、早くもつくしの”アイコン”となるオリジナルホールドが姿を現すことになる。
 「ハルカゼ」と命名されたその技は、仕掛けのタイミングといい丸め込む際のガッチリ感とい
 い、説得力充分。都宮ちいからフォールを奪ったのを皮切りに、牧場みのり、志田光、しもう
 ま和美、くるみと立て続けにフォールを奪うという快進撃を続けた。
 圧巻は5月22日のさくらえみ戦。時のICE×60王者を5秒でフォールし、藤本つかさが持って
 いたアイスリボン最短勝利記録勝を更新する。
 6月の板橋大会ではICE×60王座に初挑戦。まるで無酸素状態で戦っているような動きで
 さくらを攻め立てたものの、アイスドライバーIIに敗北する。
 2011年3月、19時女子プロレスにてIW19の初代王者決定トーナメントに参加。宮城もち・
 藤本つかさをハルカゼで連破し、初代王者に輝いた。
 5月には藤本つかさのICE×60王座に挑戦、後楽園大会初のメインの試合を務める。

 アイスリボンにつくしあり−。その評判は外にも伝わり、女子プロレスのレジェンド達との遭
 遇を果たしていく事になる。6月にはアジャ・コングとのシングルマッチが実現。果敢に放った
 ドロップキックは、アジャをして「豊田真奈美以来の衝撃」と言わしめた。
 7月にはその豊田真奈美とシングル対決を行い、試合終了後に「お前、面白い!」との言葉
 を引き出す。8月の後楽園で再対決を行ったのち、翌月にはタッグを結成。インターナショナル
 リボンタッグ王座決定トーナメントで決勝戦にまで進出した。
 12月にはブル中野の目に留まり、翌年1月のブル中野引退興行に出場。初めての試合となった
 TDCホールを何度も舞った。

 豊田真奈美に勧められた藤本つかさとのチーム、「ドロップキッカーズ」として初のリボン
 タッグ戦は、先の決定トーナメントを制し王者となったDASH・チサコ&仙台幸子組が相手。
 この試合は20分引き分けで戴冠はならなかったものの、2011年12月の後楽園大会にて
 さくらえみと組んで再激突、ハルカゼで仙台幸子をフォールし第21代王者となる。それは
 2010年の夏よりアイスリボンに立ち塞がり続けていた”赤い壁”、仙台女子プロレスの一角
 を遂に崩した瞬間でもあった(ドロップキッカーズはその後、第23代&25代王者に就く)。
 2012年12月、希月あおいと組んだ「新・青春緑」で木村響子&帯広さやか組に勝利し、リ
 ボンタッグとREINA世界タッグの二冠王者となる。つくしがリボンタッグを獲得したパート
 ナーはこれで4人目となった(さくら、藤本、くるみ、希月)。

 2013年2月、成宮真希の王座返上により行われたICE×60王座決定リーグ戦を勝ち抜き、
 第17代王者となった。その後もう一つのシングルベルト・IW19王座の封印が決定し、7月の
 新宿FACE大会にて最初で最後のダブルタイトルマッチが組まれる事となった。
 一進一退の攻防を繰り広げるも藤本つかさに敗れ、初めて巻いた思い入れの深いIW19ベ
 ルトを初代王者であった自らの手でを封印する事は叶わなかった。

 同年9月7日、つくし初ノプロデュース興行「16歳の野望」にてGAMIと対戦する。この大会の
 最後に発表したのが、「16歳の野望II」、地元凱旋興行だった。
 家族と共に準備に奔走した甲斐あって、神栖市民体育館に満員の観客を集めた大会は大
 成功。つくしがメインイベントで戦ったのは、プロレスラーになるきっかけとなった高橋奈苗
 であった。

 2014年3月、ラビット美兎と組んで「JWPタッグリーグ・ザ・ベスト2014」に優勝。5月に
 コマンドボリショイ&木村響子組とタッグ2冠決定戦を行ったが、ベルト獲得はならなかった。
 8月、2年ぶりとなったTeens興行が後楽園大会で開催される。つくしはプロデューサーとして
 尽力し、大会を成功に導いた。9月には自らの生誕祭であるアイスリボン586において11人
 掛けを敢行。4勝2敗5引き分けをもって完遂し、第4代24の瞳王者に認定された。

 「アイスリボンに馴染んでいるのが嫌」。紫雷美央とのドラマはつくしのそんな言葉から始
 まった。二人のバチバチの戦いはRIBBONMANIA2014でのシングルマッチ、それもFTE
 王座を賭けた対決にまで到達する。その後道場マッチを重ねる中で、つくしの美央への態度は
 ツンデレであったことが判明。遂には「何で私だけを見てくれないの」と涙し、「浮気はしな
 いと約束しろ!」と詰め寄るという、”愛の劇場”が展開されることとなった。
 「紫春鬼」としてリボンタッグ王座の獲得、シングルマッチでの勝利と土蜘蛛の継承、引退
 試合での勝利−。紫雷美央と過ごした時間は実に濃密なものであった。

 2016年3月、後楽園大会にて星ハム子の持つICE×∞王座に挑んだものの敗北。WAVEのシン
 グルリーグ戦「CATCH THE WAVE2016」に出場、レガッタブルーブロックの優勝決定戦
 にまで進出した。同月に高校を卒業、プロレス専業となる。
 5月の横浜文体では里村明衣子とシングルマッチで対戦。8月には神取忍と組み堀田祐美子とも
 戦った。9月、横浜リボンにて柊くるみとの”This is アイスリボン”タッグでベストフレンズ
 に挑戦。ハルカゼで藤本つかさをフォールし、第38代インターナショナルリボンタッグ王者
 となる。つくし個人としては、これが7度目の同王座戴冠である。

 通常の試合のみならず、場外乱闘も大得意。さまざまなアイテムを使いながら喜々して暴れ
 まくる様は、お出かけプロレスで毎回のように見ることができる。
 数々のオリジナル技は全て必見。そこには、つくしの天才性がぎっちりと詰まっている。


2016/10/12 LAST UPDATE
2012/09/13 NEW

2010/9/17    2010/4/13
[PROFILE INDEX]    [TOP PAGE]